マフラーと違う?いまさら聞けない大判ストールの巻き方5選

マフラーと違う?いまさら聞けない大判ストールの巻き方5選

店頭のディスプレイの中でもひときわ存在感のある大判ストール。生地のボリューム感が最大の魅力ではないでしょうか。とはいえ、マフラーよりはまだまだ慣れないアイテムですよね。

今年の冬は大判ストールをぜひ使いこなしたい。そんな、おしゃれに敏感な女性に向けて、大判ストールのおすすめの巻き方を特集いたします。

スポンサーリンク

マフラーとの違いは?大判ストールの種類

K2CKS79049-00P-O出典:ITOKIN

素材としてはウールやカシミヤなど織物が多い印象です。布面積が広いので体をすっぽりと包み込んでくれる安心感を感じられるのも大判ストールの魅力のひとつ。一生モノの大判ストールに出会えたらうれしいですよね。あなたの好きが見つかりますように。

無地(シンプルスタンダートのマストアイテム)

ネットショップなどでも綺麗な定番カラーが豊富。お気に入りカラーの大判ストールを一枚持つのもテンションあがりますよね。リバーシブルストールもコーディネートしやすいようです。

ファー付き(顔まわりを明るく華やかに)

首回りにファーがくるように作られた大判ストール。暖かく華やかですね。ストールの真ん中にファーがくるので、慌てずすっと羽織る仕草でおしゃれをアピールできそうです。

ブロックチェック(すっきりした大人アイテム)

チェック柄好きの方には、大きなブロックチェックはいかがでしょうか。グレー&ピンクや淡いグレー&紺など、色数を抑えることで大人っぽい印象に。ふんわりカシミヤ素材のものを見つけて、あなたの秋冬のマストアイテムにしてみては。

総柄(大好きな柄モノに一目惚れ)

ハートやフラワー、ヒョウ柄など多様な総柄。好きなものはどうしても好きなので、大好きな柄モノに出会ってしまったら離れられないですよね。思いっきり大好きな大判ストールをアピールして、その他のコーディネートを控えめにするなどオンオフを大切に。

大判ストールならではのおすすめの巻き方5選

a7出典:楽天市場

基本の巻き方はマフラーとほぼ同じですが、大判ストールならではのボリュームをうまく生かした着こなしをしていきたいですね。街でちらちら歩いている人々を観察していると、大判ストールを羽織っている方が多いようです。ベルトやブローチ、コサージュなどお気に入りの小物をを持ち歩いて大判ストールを留めるワンランクアップの着こなしを目指してみませんか?

1.羽織る(女子度UPの定番の着こなし)

さらっと羽織るだけ。両肩から体のラインにそって生地が流れるのでエレガント。ベルトで留めるなどすると動きやすさがUPし、シルエットもタイトに。

2.片肩掛け(トレンチコートにもぴったり)

マフラーよりもボリュームが多いのが大判ストールのいいトコロ。エディター巻きもいいですが、片肩掛けの方がすっきりと見えるのでおすすめです。片側がすっきりするのでトレンチコートなどと合わせて縦のラインを出してみて。

3.アフガン巻き(首元をすっきりと演出)

大判ストールを三角に折って、三角の部分が前にくるようにエディター巻きを。顔の下あたりにVラインができるので、バランスが取りやすい巻き方です。

4.片リボン結び(薄手の大判ストールで挑戦)

胸元でストールの端を片リボン結び。甘くなりすぎないレディ感を演出してみませんか。薄めの大判ストールにおすすめです。室内でも活躍しそうな巻き方ですね。

5.カーディガン巻き(大判だからこその着るコーディネート)

肩から羽織り、肩から伸びたストールの端を体の後ろ側で結ぶだけ。ストールが腕をくるっと包むので動きやすいスタイルです。オフィスで少し寒い時に取り入れてみては。

大判ストールを定番にしてみませんか?

毎シーズン流行りがあれこれ変わっていくファッションの世界。勢いにのって楽しめる時もあれば、おなかいっぱいの気分になる時も。昨年はどうだっけ?と思い出そうとしても洋服では思い出せない、なんてこともあるのではないでしょうか。

すてきな大判ストールをゲットして、それを何年も使ってみるという着こなしをしてみませんか?

最近はおばあちゃんの洋服をリメイクして着る女性も増えていますよね、それはきっと丁寧に使われてきた洋服だからこそ受け継がれたのでしょう。モノを大切にするという気持ちで過ごしていきたいですね。

やっぱり大判ストールが好き

31559136_main出典:goa

洋服や小物選びで何を大切にしていますか?やっぱり好きという感覚って大切ですよね。流行っているからとかよりも、ときめくかどうかを大切にしているような気がします。

自分の好きに丁寧に向き合うのも、大人の女性ならではのすてきな選び方ではないでしょうか。ぜひ、一生モノの洋服や小物と出会ってくださいね。そんな中で、大判ストールはぜひワードローブに加えていただきたい、おすすめのアイテムです。今年の秋冬はふんわり暖かい気持ちで過ごせますように。

マフラーの巻き方5選はこちらから
3秒でできる!女子向けのおしゃれでかわいいマフラーの巻き方5選

スポンサーリンク

コメント

*
*
* (公開されません)