実は難しくない!誰でも簡単にできるセルフジェルネイルのやり方

実は難しくない!誰でも簡単にできるセルフジェルネイルのやり方

セルフジェルネイルの方法がわからなくて困ってませんか?

難しいんじゃないかと思いますよね。分かります。ジェルネイルの魅力は発色の良さとツヤツヤの美しさ、2〜3週間ほど長持ちすることですよね。

ですので誰でも簡単にできるセルフジェルネイルのやり方をご紹介しますぜひ、セルフジェルネイルのやり方をマスターしてみましょう。

注意点はジェルネイルをするには硬化させるためのライトが必ず必要ということです。初めてジェルネイルに挑戦する場合はライトが付いたジェルネイルキットを購入するのがおすすめです。

スポンサーリンク

おすすめジェルネイルキット

P1100449出典:ネイル辞典

おすすめのジェルネイルキットは LEDライトが入ったものです。従来のUVライトですと2分ほど硬化に時間がかかるところ、LEDライトでの硬化は30秒ほどでできるので時短でとっても便利ですよ。

カラーを重ねる場合ジェルネイルでは何度も硬化させる必要があるので、忙しい女子には時短は大切ですよね。

LEDライト対応のジェルネイル

ジェルネイルに慣れてきて、自分でカラーをいろいろと探す場合、メーカーによってはLEDライトに対応していないものもあるので、店頭で確認して購入してくださいね。おすすめを店員さんに教えてもらいながら、似合うカラーを探してください。

ジェルネイルのやり方

DSC_3390出典:Nail Salon Sweet Olive

1.ネイルの形を整える

ネイルの形をファイルで丁寧に整えてください。ことのとき甘皮の処理を丁寧に行うのがコツです。甘皮がジェルネイルの下にあるとそこからネイルが剥がれてくることがあります。

2.サンディングする

ジェルネイルを爪に定着させるために爪の縁をやすりがけします。ネイルを長持ちさせるために重要な工程ですが、爪が薄くなりすぎないように注意してくださいね。

サンディング不要のジェルネイルも出てきているので、そちらがおすすめですがまだ少ないようです。ジェルネイルを購入する時に店員さんに確認してくださいね。

3.ダストや油分取り除く

爪を整えた時に出たダストを水で丁寧に洗い流してください。水分を拭き取った後、エタノールをガーゼに染み込ませ爪の油分を取り除いてください。

コットンは糸くずが爪に残ってしまうことがあるので向いていません。爪に汚れが残らないようにしてくださいね。せっかくのジェルネイルが綺麗に仕上がりませんよ。

4.ジェルベースを塗り硬化させる

IMG_7081出典:ジェルネイルセルフ

ジェルベースを塗って硬化させてください。ポイントは一度に塗る量を少量にすることです。エッジの部分やキワまで丁寧に塗ってくださいね。

皮膚に引っかかった場合は丁寧に除去してくださいね。ジェルネイルがはがれやすくなる原因となってしまいます。ライトに指先を入れるときは、ジェルネイルが流れてしまわないよう、ライトに対して指を真直ぐ入れてくださいね。

5.カラージェルを塗り硬化させる

カラージェルを塗りジェルベースと同様に硬化させてください。バイカラーにするなどデザインネイルにする場合はカラーを重ねるたびに硬化させてくださいね。

6.トップジェルを塗り硬化させる

パーツやストーンなどをのせたときはトップジェルを重ね塗りしてしっかりパーツを覆ってくださいね。また、硬化時間が足りないと曇りの原因になるので気をつけてくださいね。

サンディングしないジェルネイル

nail1出典:大人すはだ

パラジェルはサンディング一切不要なジェルネイルです。LEDライト対応なので硬化時間も短縮できておすすめです。

また、ジェルネイルをペリッと簡単に剥がして使えるようにするためのベースもありますよ。こちらはネイルを長持ちさせたい場合はあまりおすすめではありませんが、ちょっとだけジェルネイルをつけていたいという人にはぴったりですよね。

自爪を守る

20130624_135833出典:J−Flow

ジェルネイルは華やかでおしゃれには欠かせないものの一つですが、爪の健康のためにも3週間を目途にジェルネイルを落としてあげましょう。ジェルネイルの落とし方を特集しましたので、参考にしてくださいね。

ジェルネイル落とし方
ネイルが落ちない!自爪を傷めずにできるジェルネイルの落とし方

また、爪に何もつけない日をつくって爪を休ませてあげることも大切ですよ。ジェルネイルはどうしても爪に負担がかかるものです。普段から爪の調子をチェックして、ネイルオイルなどでのケアを怠らないようにしましょう。

ジェルネイルの楽しみ

ツヤツヤかわいいネイルは女子のテンションをあげてくれるものです。

自爪を大切にしながら、特別な日や仕事を頑張りたいときなどにセルフジェルネイルが簡単にできると嬉しいですよね。

ジェルネイルのメリットデメリットをきちんと理解して上手に取り入れてみてくださいね。

スポンサーリンク

コメント

*
*
* (公開されません)