彼氏の胸がときめく日本語のクリスマスカードメッセージ文例集10選

彼氏の胸がときめく日本語のクリスマスカードメッセージ文例集10選

クリスマスといえば恋人たちにとって楽しみな大イベントですね。プレゼント交換やデートプランなどクリスマス前からどんな日にしようかと、わくわくしていることでしょう。

そして、プレゼントなどによくつけるメッセージカードにも毎年悩むのではないでしょうか。心を込めたメッセージを送りたいけど、何て書いたらいいのかなかなか決まらずペンを持ったまま固まってしまいますよね。そこで今回は、彼氏に喜んでもらえるような日本語のメッセージ文例(フレーズ)を特集しました。

スポンサーリンク

クリスマスカードは海外の年賀状

20111125_06d728出典:ROSE OF THE PARTY

日本ではクリスマスプレゼントにつけるメッセージカードとして使われることが多いのですが、実は海外ではクリスマスのお祝いと共に年賀状のように1年の終わりの挨拶や新年の挨拶としても使われています。

欧州、米国、南米の諸国などではこれを交換するのは、キリスト教徒であるかどうかに関わらず、一般的な習慣であり、極めて多くの人々がクリスマスカードの交換を行っている。発送の時期としては、一般的に12月の中旬ごろからクリスマス直前である。12月25日直前の一週間は最盛期である(中には12月の初旬に発送する人もある)。
また、新年のお祝いの言葉も書き添えられることも多い。例えば英語では”Wishing you a Merry Christmas, and a Happy New Year.”などと書かれていることが多い。つまり、日本の年賀状の役割も兼ね備えていることも多い

出典:Wikipedia

つまり、プレゼントにつける簡単なメッセージとしてではなく、今年はクリスマスに彼に伝えたいことをしっかりと伝えるメッセージカードとして使うことをお勧めします。

普段言えないことや願望、愛情あるメッセージなどを盛り込んで書いてみましょう。

彼氏が喜ぶメッセージのポイント

love_pair_heart_fingers-3840x2160出典:HD wallpapers

心のこもったメッセージなら彼は喜んでくれると思いますが、意外と文章にすると難しいものです。男性は一体どんなメッセージをもらうと喜ぶのでしょうか。その押さえるべきポイントをしっかりみておきましょう。

彼との事を具体的に書く

簡単に世界に1つしかないメッセージを作ることができるのがこのポイントです。2人の出来事や彼の事を具体的に書くことなんです。2人で旅行に行ったこと、2人の行きつけのレストラン、彼の好きなところなどなど、2人(又は彼)の事を具体的に書けば書くほど、メッセージがとても現実的で相手にもわかりやすく伝わります。

あなたのここが好き、いつものレストランで今度は1番高いものを頼んでみたいね、など彼だけに贈ったメッセージとして残るのでとても喜ばれます。

気持ちをポジティブに伝える

誰でもポジティブなことをいわれると嬉しいですよね。それがあなたのおかげでと言われたらもっと嬉しいと思いませんか?

あなたのおかげで毎日がとっても楽しい、とかいつも明るいあなたに元気をもらっています。というようなポジティブな気持ちを伝えることは相手にとってとても嬉しい表現方法です。

素直な言葉で伝える

大事なのは自分の気持ちを素直に書くこと。本当はあまり思っていないけど喜ぶだろうと思って書いた言葉は、意外と相手には思っていないことを書いているんだ、と伝わってしまうものなんです。普段使っている自分の言葉や話し方で充分OKです。そのままの言葉や気持ちを書くことが相手に直接伝わる1番の方法です。

しかし、これがなかなか難しいと思う方も多いでしょう。そこでこれからご紹介するフレーズを参考にして自分の気持ちや言葉に近い物や言い回しの参考にしてみて下さい。

クリスマスカードで彼が喜ぶフレーズ10選

それではさっそく細かくフレーズごとに見ていきましょう。全てをメッセージに盛り込むのではなく自分の気持ちに1番近いものや相手に伝えたい!と思うフレーズとして参考にしてみて下さい。

1.ありがとう

彼に対してどんな感謝の気持ちがあるでしょうか。「いつもいろいろな所へ連れて行ってくれてありがとう」「私にとっても優しくしてくれてありがとう」など日頃の感謝の気持ちを伝えるメッセージは男性だけでなく誰でも嬉しいですよね。

また、「私が熱を出した時に駆け付けてくれてくれたのがとても嬉しかったよ、ありがとう」など実際にあった出来事を具体的に書くのも相手がわかりやすく受け取ることができるのでいいですね。

2.初めて

「あなたと付き合っていて毎日が楽しいです、こんなの初めてだよ」など初めてというフレーズは男性にとっては誇らしいものです。

「あなたに初めて映画の楽しさを教えてもらった」と言われたら彼女ともっとたくさん映画を見に行きたいな、と思いますよね。そういった男性の本能をくすぐるフレーズが初めてなんです。何でもかんでも初めてだと連発したり、大袈裟にならない程度に使ってみましょう。

3.楽しみにしている

「クリスマスにイルミネーションを見に行くのとっても楽しみにしています」「初詣も一緒に行くのを楽しみにしてるよ」などこれから未来の2人の出来事を楽しみにしているというメッセージは相手も自分と一緒に過ごすことを楽しみにしてくれているという気持ちが伝わりとても嬉しく感じます。

クリスマス前に郵便でカードを送ったりすると、ちょっとしたサプライズとなっていいですね。彼も当日までわくわくすることでしょう。

4.がんばっているね

仕事や趣味など彼が頑張っていることを褒めてあげましょう。誰も頑張っていることを当たり前に思って褒めなかったりするとどんどんやる気もなくなってしまいますが、彼女から「サッカーを毎週頑張っている○○くん」と書かれていると自分の事を見ていてくれてるんだな、と嬉しくなります。

彼女がしっかり自分の細かいところも気遣ってくれたり見ていてくれているとわかれば、この子しかいない!という彼にとって唯一の存在になることができますよ。

5.私のサンタ

サンタさんというのは子ども頃から誰もが見た架空の人物であるからこそ、自分の特別な存在というイメージがあります。その人物がまさにあなたです。と言われたら嬉しく思わない人はいないでしょう。

ちょっと恥ずかしいけどたまには彼に甘い言葉を伝えたくなったら「大好きな私のサンタさんへ」という宛名書きでもいいですね。

6.頼りになる

「とても行動力のある○○くんのこと、とても頼りにしています」など彼を頼りにしている、彼を頼もしいと思っていると伝えることで彼はこれからもっと彼女のために頑張ろう!という気持ちになってくれます。

ただ頼りになる、というだけでなくどんなところを頼りにしているか、どんな彼だから頼りになるのかも具体的に書くと自分の事をこんな風に見てくれているんだ、とグッと気持ちが伝わりやすくなります。例えばハッキリとした性格の○○くん、困った時は何でも助けてくれる、スポーツが得意、などなど彼のいいところなら何でもOkです。

7.普段は恥ずかしくて言えない

メッセージカードのいいところは普段顔を合わせると言えないことも書くことができます。顔を見ながら書くわけではないので、彼の事を思いながら面と向かっては恥ずかしくて言えないことも、思い切って書いてみましょう。

「いつもあなたから手をつないでくれることがとても嬉しいです」「電話やメールを忙しい時もかかさずしてくれて、ありがとう」など感謝の気持ちや嬉しいと感じる出来事など彼に本音を伝えてみましょう。実は彼も普段では言えないようなことを伝えてくれるかもしれませんよ。

8.イラストを描く

イラストと言っても得意不得意はありますが、ハートマークやちょっとした飾りとして星マークを書いてみるとカードが可愛らしくなります。

大好きだよ♡というだけでも、男性はドキッとするものです。メールでも絵文字か一つもないメールをもらうより、文章の語尾に絵文字が少しあるくらいの方がもらって嬉しいですよね。ちょっと不器用でも精一杯の気持ちとして可愛らしいカードを贈ってみましょう。

9.会えなくて残念

必ずしもクリスマスに全てのカップルが会えるとは限りません。クリスマスは仕事や予定があり会えない場合は素直に会えなくて残念だという気持ちをカードに書いて相手に送りましょう。

もちろんそれだけではなく、残念だけど、「年明けに会えるのを楽しみにしてます」とか「会えなかった分、次のデートは思いっきり2人の時間を楽しもうね」などポジティブなメッセージを付け加えましょう。そうすればクリスマスに会えない忙しいさなかでも彼女の事を思い出してほっこりするしてくれるでしょう。

10.大好き

やはりダイレクトに気持ちを伝えるならこのフレーズです。普段大好きなんて言わない、言えないという女子でも、年に1度のクリスマスに気持ちを伝えてみてはいかがですか。

日本人が「I love you」とか「愛してる」といってもちょっと浮いた感じがしてしまいますよね。「好きだよ」とか「大好き」が日本人では相手にしっかり伝わる愛情表現の言葉です。口では言わなくても彼もメッセージを見てきっとデレデレになりますね。

気持ちが伝わらないメッセージ

brokenheart出典:Sad Broken Heart Hd Wallpapers

逆に気持ちが伝わらないメッセージというのもあります。例えば、業務的なメッセージや表現が大袈裟なメッセージではあまり気持ちがこもっているとは思えません。こんなメッセージはどうでしょう。

「いつも感謝してるあなたに愛をこめて、メリークリスマス」これでは業者が用意したメッセージカードかと思われてしまいます。感謝とはどんなことに感謝しているのか、愛をこめてではなく大好きなど砕けた言い回しで書くことで相手に気持ちがつたわります。

また、マイナスなことを書くのもNGです。「○○くんはわがままな私に優しくしてくれて」という文章があると彼はそう思っていなくてもその文章はずっと残ってしまうので、 わがままな彼女という印象がついてしまいます。もちろん相手の事をマイナスに言うことはもってのほかです。

また、あれが欲しいこれをしてほしい、という願望もよくありません。「とても優しい○○くんだけどもう少し遅刻癖を直して欲しいな」などこちらも文章として残ってしまいますし、彼が喜ぶメッセージではありませんね。

クリスマスカードを買いに行こう

christmas-card-holder-yxsjn8dp出典:christmas moment

メッセージのポイントやフレーズを確認したのでももうバッチリですね。今年もクリスマスカードはいろいろなところで販売されています。音が出るものや開くと飛び出す仕掛けのものなど種類も豊富です。

彼の事を考えながらどんなカードにしようか選ぶところからクリスマスは始まります。プレゼントはもちろんですが、クリスマスカードもこだわって選んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメント

*
*
* (公開されません)