秋のブーツはいつから?ショートとロングを温度で履きこなそう

秋のブーツはいつから?ショートとロングを温度で履きこなそう

ブーツを履くとコーディネートが一気に秋色に変化します。かわいいブーツや大人っぽいブーツなど種類もたくさんあるので、早く履きたくてウズウズしてきちゃいますね。

秋冬のコーデにさっそく取り入れたいけど、いつからブーツって履くものなのか迷ってしまいますよね。そんなあなたのために、一般的にどのくらいからブーツを取り入れるのかご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

秋のブーツはいつから履くのか

ブーツやファッションに関して絶対にこの季節に着てはダメ!というものなどありません。本当にオシャレを追及している人たちからすると夏でもブーツはアリ。と考える人もいるとは思いますが、ここではあえて一般的にどのくらいから街中でブーツが履き始められるのか、というところで調べてみました。

時期的に見るとブーツを履き始めるのは、早くて9月頃です。理由は8月の終わり頃に店頭に秋物の新作としてブーツが並び始めます。それを購入して履き始めるとしたら9月頃ということになります。

ロングブーツは秋冬物季節商品の典型例であり、真夏はほとんど売上がないが、9月頃から気温の低下にあわせて販売数が伸び始める。 特に平均気温が20℃を下回る頃からは販売数の伸びが大きくなる特徴がある。

出典:気象庁

もちろんまだ残暑の残る暑い中で履く人は少ないので、今度は気温を合わせて見てみましょう。

ショートとロングはどのくらいの気温で履く?

秋のブーツで代表的な種類に分けるとしたら、まずはショートブーツとロングブーツですね。この2つは女性なら1つずつ以上は持っているという方がほとんどだと思います。用途も履く時期も変わってくるので分けて見てみましょう。

ショートの場合

UGG-Australia-Classic-Short-Boot出典:UGG

秋にまず履く人が見え始めるのはショートブーツです。ロングに比べて足首くらいのデザインなので、暑苦しくもなくパンプス感覚で履くことができます。時期は9月頃から履き始めます。気温で言うと20度以下が目安になります。

理由は、20度を超えると感覚的には汗ばむ気温となり、ブーツを履くと蒸れてしまいます。逆に、20度を下回るとある程度涼しく感じる気温となり、ブーツを履くにはちょうどいい気温となります。

ショートブーツのおすすめカラーをチェック
どの色を選ぶ?ショートブーツを選ぶならこの2色がおすすめ

ロングの場合

2013-New-womens-top-brand-designer-boots-long-knee-high-lace-up-cool-boots-unique-brown出典:ali express

ではロングブーツの場合はどうでしょうか。ロングブーツはショートと大きく違うのが膝あたり又は膝上まであることです。ここまで足を覆われると暑い時期に履くのは辛いですね。また、まだ残暑が残っているという気温なのに履いている姿を見るだけで暑いな・・・。と感じる人もいるのではないでしょうか。

ロングブーツの履き始める気温は10度前後が目安になります。一般的にコートを着る時期は10度くらいの肌寒いとしっかり感じる時期ということからです。

◆ 各地の天気が見れるので旅行先のチェックにも
服装指数と服装のアドバイスを確認できます。服装指数とアドバイスの関係は以下の通りです。

10 ・・・ダウンジャケット着て出かけよう。
20 ・・・マフラーと手袋が欠かせません。
30 ・・・コートを着ないと結構寒いなあ。

出典:日本気象協会

ということは、その前後くらいの気温がBESTということです。肌寒くなればロングブーツも防寒の1つになりますね。

ブーツはいつまで履くことができる?

ブーツを履き始めたら、今度はブーツはいつまで履くことができるのか、という疑問にぶつかります。秋にブーツを履き始めて、気が付いたらみんなサンダルになっていた!なんてことになると恥ずかしいですね。

ブーツは秋冬のイメージがありますが、デザインによっては春先にも合うものがたくさんあります。なので、ブーツは春の初め頃4月の中旬くらいまで履くことができるでしょう。それ以降になると足元が蒸れてくるくらい暑くなってきたり、春物の薄い素材のコーディネートに合わせにくくなってきてしまいます。

雨の日はレインブーツを履こう

20120519_2156491出典:STILL web ブログ

雨の日にブーツを履くとブーツが濡れたり汚れてれてしまいますよね。そこでブーツ好きの方ならぜひレインブーツを履きましょう。レインブーツとはつまり長靴のこと。

市場や漁師さんのゴムブーツというイメージの長靴ですが、最近のレインブーツはとってもおしゃれです。一般的なブーツと見た目は変わらないようなものやショートブーツもあります。

レーンブーツなら雨の日の履いて汚れても、帰ってから水で洗い流したり、拭くだけでお手入れが簡単にできて素材もゴムで作られている物がほとんどなので形崩れの心配もなく、長く使うことができます

ブーツが汚れた時のお手入れ方法
ブーツを甦らせたい!120%ブーツが元に戻るお手入れ術

ブーツを履く時期は地域やその年の気温の変化にも大きく異なりますので、コーデを考える時に天気予報などを参考にしてお出かけ下さい。

スポンサーリンク

コメント

*
*
* (公開されません)